福井市結婚・子育て応援サイト「はぐくむ.net」 福井市結婚・子育て応援サイト

福井市結婚・子育て応援サイト福井市結婚子育て応援サイト「はぐくむ.net」

Vol.32 好き嫌いでお困りの場合

最終更新日:2018年3月10日

好き嫌いでお困りの場合

 子どもの成長に個人差があるように、食の好みや食べる機能の発達にも違いがあります。子どもの好き嫌いは、味や食感に慣れていないことや、飽きてしまうことなどさまざまな原因が考えられます。下記のポイントを参考に、焦らず少しずつ食べられるように工夫してみましょう。

生活リズムを整える
イラスト お腹がすいていれば残さず食べられるものも、食事の前にお菓子やジュースを与えると、お腹がすかず残してしまうことにもなります。お腹をすかせて食卓につくことができるように、遊び、食事、睡眠などの生活リズムを整えることも大切です。

味付けに工夫をする
 控えめのマヨネーズ、ケチャップ、ホワイトソース、カレー味やコンソメ味など子どもの好きな味で調理してみましょう。しかし、あくまでも薄味が基本です。

イラスト見た目を工夫する
 料理の彩りに気をつけたり、型抜きなどで野菜の切り方を可愛らしくしたりして、子どもが喜ぶ工夫をしてみましょう。

食べられたら褒めてあげる
 あせらず見守り、根気よく励まし、克服して食べられるようになったときはたくさん褒めましょう。それが喜びと自信になって、子どもの食べる力になります。

料理のお手伝いをする
イラスト 料理のお手伝いをすると、食材の形や感触や匂いなど、新しく気がつくこともあります。また、嫌いだった野菜の料理をお手伝いすることで、食材に親しみをもち、食べてみようという意欲がわいてきます。

無理強いしない
 無理に食べさせるとイヤな体験が残り、 ますます食べなくなります。今日は食べなくても切り方や調理法を工夫してまた別の日に出してみましょう。

家族みんなで楽しい食事をする
 家族との楽しい食事は、食欲を刺激します。お父さんお母さんがおいしそうに食べていると、まねしたくなります。

 イラストこんなことはありませんか?

● 周りにいる大人たちに好き嫌いがありませんか?
● 子どもの好きなものばかり与えていませんか?
● 食事のマナーにうるさすぎませんか?
● インスタント食品ばかり与えたり、単調な食生活をさせていたりしませんか? 


福井市保健センター 管理栄養士)

 

お問合せ先

福井市 福祉保健部 保健センター
電話番号:0776-28-1256/FAX番号:0776-28-3747
最終更新日:2018年3月10日

▲ ページの先頭へ戻る