福井市結婚・子育て応援サイト「はぐくむ.net」 福井市結婚・子育て応援サイト

福井市結婚・子育て応援サイト福井市結婚子育て応援サイト「はぐくむ.net」

Vol.34 食べるの大好き!子どもの食事とおやつ

最終更新日:2018年9月10日

食べるの大好き!子どもの食事とおやつ

 ◇食事は量より質が大切女性のイラスト
 幼児期は乳児期についで発育が盛んです。身体が小さいわりに多くの栄養量を必要としているので、食べる量よりも品数を増やしていきましょう。
 食べる量は個人差がありますので、お子さんに合わせて進めていきましょう。

<栄養バランス上手な食事のコツ>
バランスのとれた「1日3食+間食(おやつ)」の食生活を心がけましょう!

◇なぜ、おやつが必要なの?
 子どもは体のわりに必要な栄養量が多いですが、消化機能はまだ完全に発達していないため、成長や運動量に見合うだけの栄養量を3回の食事だけではとることができません。そこで食事でとりきれない分をおやつで補います。

◇おやつの見直しおやつ≠お菓子
 おやつとして、スナック菓子・チョコレート・アイスクリーム・ケーキ・ファストフードなどを与える傾向が見受けられますが、ジュースやお菓子に含まれている砂糖などの単純糖質はすぐに体に入り、すぐにインスリンが必要とされます。インスリンは血糖値を下げるホルモンで、すい臓で作られます。インスリンは無限に作られるわけではありません。子どもの頃からのインスリンの無駄使いは未熟なすい臓に負担をかけます。
 おやつの与え方によって、肥満や虫歯、糖尿病などの生活習慣病になる可能性が高くなってきます。ここで、今一度、子どものおやつについて見直してみましょう。
☆おやつの回数
おやつ1回量の組み合わせの例<1~2歳>

◇おやつを与える時の注意点おやつは軽い食事です!
・時間を決めましょう。だらだら食いは次の食事に影響し、肥満・虫歯・偏食・少食の原因になります。 お菓子のイラスト
・市販のおやつは袋ごと与えず、1回量を決めて小皿に盛るようにしましょう。
・ご機嫌取りに与えないようにしましょう。
・お茶や牛乳などの水分と組み合わせましょう。
ラインのイラスト
◇子どもの肥満とやせについて
 福井市において、1歳6か月児と3歳児の肥満傾向児の割合を比較すると3歳児の方が増えてきています(表1)。また、学童期になっても年齢が上がっていくとともに肥満の割合が高くなっています。体重計にのる子どものイラスト
 食生活において甘い物や脂肪の摂り過ぎ、運動不足などが原因にあげられます。その他、早食いの子どもたちも肥満になりやすいといわれています。
 一方で、小学校高学年(特に女子)からの痩せも増加傾向にあります。 
 乳幼児から正しい生活習慣を身につけ、定期的にお子さんの身長・体重をチェックしましょう。

 肥満度+15%以上 -15%以下は要注意!!

家族のイラスト お子さんの健やかな成長のためには、「早寝早起き」を基本とした生活リズムが大切です。1日3回の食事とおやつの時間をしっかり決めること、また日中はたっぷり体を動かすことで、お腹を空かした状態で楽しく食事をしましょう!

福井市保健センター(新しいウィンドウが開きます))

 

お問合せ先

福井市 福祉保健部 保健センター
電話番号:0776-28-1256/FAX番号:0776-28-3747
最終更新日:2018年9月10日

▲ ページの先頭へ戻る